空想不動産

想定という名の空想と、住むヒト目線の物件案内。

空想不動産、開業。


先日、いきなり『空想不動産』始めました〜なんて言って、得意げに手書きの薄暗い間取り図を公開しました。

いまいち趣旨の見えてこないブログに、自分でも慌てふためいてます。。
日を置いて読み返してみて、あっれー?なんか意味わかんないね、これ!!てなってます。

ここで今一度、このブログを始めた「目的」について、心の整理を。。。


ことの始まりは、毎朝起き抜けに、賃貸サイトを巡回しては、目をしぱしぱさせながら間取り図を見ている自分を、変態かもしれないと思ったからです。

あまりにも賃貸情報見過ぎて、自分の住んでいる市の特定の物件については、そのへんの不動産屋さんより詳しいんじゃないかと調子に乗り出します。

不動産の仲介とかやっちゃう〜?もしくは不動産屋さんと仲良くなって、仲介の仲介を仕事にするのも楽でいいね〜とか、思いました。


いや、でも不動産屋さんと手を組むと、どうしても不動産屋目線になってしまい「どうにかして契約させたい!!ノルマァ〜〜!!」と叫びかねない。その部屋の負の面を隠して、気付かれそうになると、ハイテンショントークで煙にまくような、そんな奴になりかねない。。

アパレル店員時代を思い出しそうで、鬱になる。。
部屋は洋服と違って、安易に返品できない。その上、常に身に関わってきて、超高額。失敗したら、もう目も当てられない。

そうなってくると、不動産屋のノルマとか知らん。お家はとっても大事ですから。くうねるところに、すむところ。なんかつらい事あっても、お家に帰れば大丈夫って思えたら、無敵。


そこで・・・そうだ、住むひと目線で負の面もさらしまくって、物件紹介してくのはどうだろう・・・と思いました。あらゆる想定という名の、空想つきで。

もしかしたら、部屋探しの参考にしてもらえるかもしれない。
そんな淡い期待とともに、はてなブログ『空想不動産』はじめました。


現在進行中のお部屋探し「ヤドカリ探訪記」をはじめ、過去に住んだ家の記憶「思い出缶づめ」、年を重ねての「終の住処思考」についてや、理想の家や街を空想する「とびだせ!空想の森」・・・なんてカテゴリーで、やっていこうと思ってます。


よかったら、遊びに来てください♡