空想不動産

想定という名の空想と、住むヒト目線の物件案内。

ヤドカリ探訪記・第2章

f:id:syrkmd:20170513170132j:image
《 1LDK マンション 南武線国立駅 徒歩12分 》

名称: 谷口屋(※仮名) 301号室
賃料: 65,000円

礼金: 1ヶ月
敷金: 1ヶ月
管理費: なし

建物構造: 鉄筋コンクリート造 3階建
築年月: 昭和48年8月(築44年)
専有面積: 41.0平米


国立市中2丁目に、三階建ての鉄筋コンクリートマンションをめっけました。各階に一世帯のみ。ふたり暮らしには手狭だけど、家賃は安い。距離も、今住んでいるお家から歩いて3分くらい。
ここなら、いつものスーパーにドラッグストア、お気に入りのごはん屋さんに行けるっ!!なんだかんだ言って、今の場所、大好きなんです・・・


お部屋の内見の前に、まず偵察しに行ってきました。以下、偵察レポートです。


〜〜〜〜〜 偵察レポート 〜〜〜〜〜

【 朝 】

◎ 1階が事務所になっている
◎ 1階のコーギーちゃんがお散歩待ちしてた

【 夜 】

△ 明かりがなくて、三階までの急な階段がチョーコワイ
△ コーギーちゃんがいない・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


夜の偵察は、大事です。普通に仕事をしていれば、帰りは夜。
お家の夜の顔は、知っておきたいものです。
ハッとする発見があるかもしれません。


次に、不動産屋さんに連絡を取ります。
このとき管理会社がわかれば、そっちに連絡をとります。
その方が、仲介手数料や礼金が掛からないし、家賃交渉などもしやすいからです。
管理会社の調べかたは、ふたつ。ネットの情報か現地の看板です。
物件情報の「専任媒介」となっている会社が、管理会社です。
載ってない場合は、現地へ走ってください。管理会社の看板がどこかにあるばずです。
現地へ走れない場合は、便利なグーグルマップのストリートビューの登場です。運が良ければ看板が写っていて、管理会社がわかるかもしれません。時々モザイクかかっているので、要注意です。

でも、どこにもない場合もあります。
そのときは、仲介会社で我慢します。


今回は、我慢しました。
仕方なく頼んだのは、体育会系の若いメンズ達が、ギラつきながら仕事してそうな不動産屋さん。

内見の予約の時から、ギラつきMAXで様子がおかしかったです。

私は毎回内見するとき、現地での待ち合わせを希望します。
不動産屋さんに出向いて、あれこれ物件を紹介されると混乱するし、見たい物件が決まっているのでサクっと済ませたいし、コミュ障だからです。


という訳で、「明日、現地待ち合わせで11時から内見をしたい」と、例の不動産屋さんにメールで伝えました。
すると、「11時からは別の見学の方が見えるので、10時半はいかかがですか!?」と返ってきました。是非、貴方に先に見て頂きたいのでっ!!といった熱いメッセージと共に。


ここで純粋な人だったら、やっべ〜良い物件誰かに取られるとこだったわ〜〜!!先に見せてくれるなんて、めっちゃ良い人〜〜!!と思うのでしょうか・・・

あぁ、私はこのメールをみた瞬間、結構な音量で『絶対ウソだろ!!』と叫んでしまいました。反射的な言動は、心の透明度を表しますね。

さて、彼らは本当に親切な不動産屋さんなのでしょうか?それとも、やっぱりギラついた不動産屋さんなのでしょうか?

 

当日。とても爽やかに晴れた空の下、ちょっと曇った不信感を抱きつつ、内見に出掛けました。

自宅から歩いて3分の物件に到着。例の不動産屋さんは、先に到着しているようで、部屋の換気なんかをしている模様。そろっと部屋のドアを開けると、元バスケ部風の若い男性が迎えてくれました。

イケメンではないし、多少の不信感を抱いていたので、適当にあいさつを済まし、早速見学を開始しました。11時から次の見学者が来るというのが本当なら、30分しか見れません。


借りるとなったら、長時間過ごすことになる部屋。じっくりと静かに検証したいことがたくさんあります。
どこで寝るか、安眠できるか、変なニオイはしないか、音はどれくらい響くか、コンセントの位置、光の具合、お化けの有無、など。

しかし、イケメンではない彼は、ことごとく話しかけてきます。
猛烈良い部屋アピールトークなのですが、こちらとしては、良くない部分を確認したい。そして、我慢できるかどうか検証したい。
ちょっとほんと、鍵開けたら外で待っててくれないかな〜と、彼との相性の悪さを噛みしめていました。

そんなこんなで、あっという間に次の見学者が来る予定の11時になってしまいました。しかし、10分経っても15分経っても、次の見学者の方は現れませんでした。

やっぱりね!!!と思い、眺めがイマイチなのもあり、帰ることにしました。しかし彼の鬼の粘りが始まり、さらに20分くらい帰れませんでした。


不動産屋さんを選ぶときは、ギラつき具合も要確認です。ありがとうございました。


〜〜〜〜〜 内見レポート 〜〜〜〜〜

◎ 事務所っぽさとお家っぽさの不思議な融合
◎ 水回りが広々、清潔

△ 急な階段、西玄関
△ 畳のべこつきハンパない
△ 収納少ない
△ 下の階で大学生ふたりがシェア中

× 眺めがイマイチ・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

結論:見送り

以上、ギラつき疲労度MAXトーーークな物件でした。


【 第2章・完 】