空想不動産

想定という名の空想と、住むヒト目線の物件案内。

ヤドカリ探訪記・休憩

 

なかなか理想の物件に巡り合えないと、っもう引っ越さないでいっかな〜〜!!と半ばやけくそになります。

賃貸サイト見過ぎて、外観写真だけで物件名が言えるようになり、ついに間取り図だけでどの物件かわかるようになり、とうとう場所も完璧に把握しだし、、、つまり疲れました。


なので、外にばかり目を向けていないで内にも目を向けて、自宅を見直してみようと思います。

今の住まいは、築50年超えの古民家風アパート。かれこれ3年目です。

引っ越したての頃は、半世紀分の底力を見せつけられ、動揺。
網戸も無ェ、ポストも無ェ、インターフォンすらどこにも無ェ、蝉が家ん中で羽化してるッ的なことを吉幾三のリズムに乗せて言ってましたが、早いものです。

こんなこと言うと、どんな森に住んでいるの?と森前提で聞かれそうですが、こんなとこです。

 

f:id:syrkmd:20170528182629j:image


《 2DK 長屋? 中央線・国立駅 徒歩10分 》


名称: 昭和レトロハウス 3号室
賃料: 57,000円

礼金: なし
敷金: 1ヶ月
管理費: 込み

建物構造: テラス/木造 2階建
築年月: 昭和38年2月(築54年)
専有面積: 29.4平米


初めて内見したときは、トトロの家みたい!!と大興奮しましたが、こんなに壁が薄いとは思わなかった♡

でも薄い壁を隔てて暮らしていると、そこに暮らしている人達が、なにか家族に近い、共同体のように思えてくるから不思議です。

住人は、画家だったり、シナリオライターだったり、革小物職人だったりと、アート系の人たちが多いです。
なかには、ゴミを溜めちゃうおじいちゃんや、夜更けに踊るように散歩している年齢不詳の女性がいたりと、なかなかのアンダーグラウンド感。

その共同体の一部として、私も毎日生きています。


さて、お風呂の緑色のカビさえも愛おしく感じている我が家ですが、どうにか広く、快適に過ごせないものでしょうか。願わくば「個室」がほしい。

ふたりで29平米は、ちょっと狭い。二階の四畳半の和室は、寝室専用にしたいので、どうにかするとしたら一階の六畳の和室。

布で仕切る方法、本棚で仕切る方法、ハンモックとか吊して空間を上下に仕切る方法、、、いろいろやってみましたが、何をしても暗くなる!!!

ちょうど南東方位に、とってつけたような浴室があるので、その分光が入りにくいのです。あ〜暗い〜と言いながら、爽やかな光と風を求めて二階に移動しては、お昼寝してます。


たまに、屋根の上に布団を干すのですが、ぐちゃぐちゃに放り投げた布団の中に潜り込み、一緒に干されるのが大好きです。


見晴らしが良くて、風が気持ちよくて、広い、そんなお家を心の底から求めています。

ヤドカリ探訪記、まだ続きそうです。


【 休憩・終わり 】